映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】SOMEWHERE

2010年アメリカ
原題:SOMEWHERE
監督・脚本:ソフィア・コッポラ
出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング他

2011年4月9日 ワーナーマイカルシネマズ板橋

評価★★★★(4/5)

ハリウッド・セレブが孤独で空虚な生活を送っているところを、娘との交流を通じて何かを取り戻していくいうような触れ込み。そのあたりはあまりうまく描けていない。そもそも空虚感が描けていない上に、娘との交流を通じて変化していく様もさほど感じられない。

でも、それが却って良かったかも。予告をみて、水中で2人でエスプレッソかなんかを飲むジェスチャーをしている場面とか、なんだかこのヒューマンノリ(?)でやられたら辛いかも、、、なんて思っていたけど、全般に軽いタッチでユーモラスなところも多く、雰囲気を楽しめた。イタリアでのロスト・イン・トランスレーションぶりなんか特に良かった。挿入歌の選曲も、『マリー・アントワネット』のときは少々狙いすぎな感じがあったのに比べて、ふつうに映画にマッチしていたし。

映画としてよく出来ているかは別として、これはかなり気に入った。
[ 2011/04/27 19:49 ] 劇場で観た映画 | TB(4) | CM(1)
はじめまして
トラックバックありがとうございました。
ボクはスティーヴン・ドーフのファンなので、サービスショットもたくさんあり、出ずっぱりだったので嬉しかったです。
ソフィア・コッポラのこだわりが随所に見えましたね。
一緒に行った友だちは寝そうだったし、賞を取るほどの映画ではないかもと思いましたが。
またお邪魔しますね。
[ 2011/05/05 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

映画“SOMEWHERE”
 ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は人気のハリウッドスター。フェラーリを乗り回し、住まいはロサンジェルスの高級ホテル、シャトー・マーモント。付き合う女性は選り取り見取り、パーティ漬けと酒浸り、そしてハリウッド的なSEXスタイル。驚いたことには、美
[2011/04/27 20:44] After the Pleistocene
Somewhere
 『Somewhere』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)映画を制作したソフィア・コッポラ監督については、少し前にDVDで見たことがある『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)が、東京を舞台にした大変興味深い作品だったこともあり、今回の作品にも期...
SOMEWHERE
『SOMEWHERE』 "SOMEWHERE” (2010・アメリカ) 1h38 製作・監督・脚本 : ソフィア・コッポラ 出演 : スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング ハリウッドスター、セレブのジョニー・マルコの空虚な日々。 空虚な心に空虚なものをいくら詰
[2011/04/28 14:43] 映画尻エリカ
■映画『SOMEWHERE』
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。