映画の感想、覚え書き
月別アーカイブ  [ 2006年03月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LAST DAYS(ラスト・デイズ)

ニルヴァーナのカート・コバーンの死とその直前の数日を
モチーフにしたフィクション。ガス・ヴァン・サント監督。

ストーリーが希薄で、淡々と進む映画なので、退屈と感じる
人もいるようだけど、十分引き込まれる。

もう少し悲壮感が漂うのかと想像していたのだけど、マイケル・
ピット演じるブレイクは健康的とさえ感じさせるほど色つや
がよく、演技も、何というか明るい、、いや明るいは言い過ぎ
にしても、どことなくポジティブな感じ。
それが、単に麻薬のリハビリ施設を脱走してきたことによる
開放感なのか、すでに自殺を決意していることによるもの
なのか、、、

エンディングの方は、ちょっと蛇足かとも思ったけど、
まあ、ご愛嬌。この手の映画は、ストーリーが明確なものに
くらべるとエンディングはあまり重要ではないと思うので。

シネマライズが驚くほど混んでいた!普段、この映画館に
来ないような人も結構いたのかな。たぶんニルヴァーナファン
が多かったのかな。ニルヴァーナに関しては、聴いた
ことがあるという程度で、特に思い入れもなかったのが、
かえってよかったのかも。
カートをよく知っている人にとっては、それなりの思いが
ありそうなので賛否両論?
スポンサーサイト
[ 2006/03/26 23:09 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。