映画の感想、覚え書き
月別アーカイブ  [ 2009年02月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロルナの祈り

2008年 ベルギー/フランス/イタリア
原題:LE SILENCE DE LORNA
監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:アルタ・ドブロシ、ジェレミー・レニエ他

2009年2月8日 恵比寿ガーデンシネマ

評価額 1,500円

ダルデンヌ兄弟の作品の中では、いちばん抑揚がある。
公式サイトなどには「驚くべき展開、大胆な構成。」
と書いてあるし、、、
登場人物が何を考えているのかわかりにくいのは
いつものことだけど、展開がある分「ついていけない」
と感じてしまった。

確かに「面白い」展開ではあるのだけど、それが特に
効果的とは感じられない。

背景が移民問題ということもあって、ケン・ローチの
映画っぽいとも思った。

現時点での印象は、今までほど良くないけど、もう一度
観たり、時間が経てば印象が変わるかも、、とは思う。
スポンサーサイト
[ 2009/02/09 22:53 ] 劇場で観た映画 | TB(3) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。