映画の感想、覚え書き
月別アーカイブ  [ 2011年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】SOMEWHERE

2010年アメリカ
原題:SOMEWHERE
監督・脚本:ソフィア・コッポラ
出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング他

2011年4月9日 ワーナーマイカルシネマズ板橋

評価★★★★(4/5)

ハリウッド・セレブが孤独で空虚な生活を送っているところを、娘との交流を通じて何かを取り戻していくいうような触れ込み。そのあたりはあまりうまく描けていない。そもそも空虚感が描けていない上に、娘との交流を通じて変化していく様もさほど感じられない。

でも、それが却って良かったかも。予告をみて、水中で2人でエスプレッソかなんかを飲むジェスチャーをしている場面とか、なんだかこのヒューマンノリ(?)でやられたら辛いかも、、、なんて思っていたけど、全般に軽いタッチでユーモラスなところも多く、雰囲気を楽しめた。イタリアでのロスト・イン・トランスレーションぶりなんか特に良かった。挿入歌の選曲も、『マリー・アントワネット』のときは少々狙いすぎな感じがあったのに比べて、ふつうに映画にマッチしていたし。

映画としてよく出来ているかは別として、これはかなり気に入った。
スポンサーサイト
[ 2011/04/27 19:49 ] 劇場で観た映画 | TB(4) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。