映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】X-MEN:ファースト・ジェネレーション

2011年 アメリカ
原題:X-MEN:FIRST CLASS
監督:マシュー・ヴォーン
脚本:マシュー・ヴォーン、ジェーン・ゴールドマン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン他

2011年6月25日 ワーナーマイカルシネマズ板橋 6番スクリーン

評価★★★★(4/5)

X-MENに関しては「なんかヒュー・ジャックマンがやってるシリーズ」ぐらいの知識で、今回も一応さらっと公式サイトに目を通すぐらいで観に行った。

『キック・アス』の監督、脚本コンビということで、ハズレはないだろうと思って行ったけど、ハズレがないどころか、かなり面白かった。『キック・アス』のときは、あまり意識しなかったけど、マシュー・ヴォーンってガイ・リッチー作品のプロデューサーなのか。

ミュータントの設定自体が面白いし、人間対ミュータントとかいう単純な対立構造ではないところもよい。それでいてわかりにくくはないし。

過去作を観ていたらもっと面白いのだろうなと思わされるような場面もあったけど、観ていなくても十分楽しめた。
スポンサーサイト
[ 2011/06/26 16:47 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。