映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】アニマル・キングダム

2010年 オーストラリア
監督・脚本:デヴィッド・ミショッド

2012年1月21日 TOHOシネマズ シャンテ

予告でみて面白そうだったし、コメントのメンツからしても外れはなさそうだったので行った。

シャンテでは珍しいレイトショー。

客席は割と埋まっていたけど、知らぬ者同士の間は1席空けるようにしていたっぽい。

内容は、思ったより重くなく、前半少し冗長な描写があって間延びしたけど、後半は勢いがあってよかった。ただ、後半は省略表現が多かったので、これなら前半を短めにして、後半もう少し丁寧に描いてほしかったかな。

正義をとるか、家族(といってももともとつながりは薄い)をとるか、みたいな葛藤が、無表情な中にもうまく表現されていたし、オチのつけかたも、まあ予想通りではあるけれどスリリングに描けていてよかった。

妻曰く、イケメン不足との事だが、映画としての質が高いので、誰にでもおすすめできる。

終演後のトイレ、男性用に行列、女性用はガラガラというめずらしい状態だった。
[ 2012/01/28 17:04 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。