映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アフター・ウェディング

2006年 デンマーク/スウェーデン
原題:EFTER BRYLLUPPET
英題:AFTER THE WEDDING
監督:スザンネ・ビア
脚本:アナス・トーマス・イェンセン
出演:マッツ・ミケルセン、ロルフ・ラッセゴード
   シセ・バベット・クヌッセン、スティーネ・フィッシャー・クリステンセン他

評価額 1000円

冒頭のインドのシーンはかなり良い感じで期待が高まったのだけど...

残念ながら内容はいまひとつ。

設定とかストーリーが安直(というかメロドラマ的)なのだから、もう少し登場人物の
心情をうまく描くとかしないとつまらない。ただの「良い話」になっちゃってる。
そのわりに退屈しないのは映像とか音楽とか役者陣がなかなか良いらかな。
シガー・ロスの曲も良い。

これの前に撮った『ある愛の風景』が、もうすぐ公開になるので、そっちを期待してみよう。
[ 2007/11/05 00:27 ] 劇場で観た映画 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アフター・ウエディング
家族とは・・・
[2007/11/09 15:34] シャーロットの涙
映画『アフター・ウェディング』を観て
83.アフター・ウェディング■原題:Efter Brylluppet(After The Wedding) ■製作年・国:2006年、デンマーク■上映時間:124分■日本語字幕:渡辺芳子■鑑賞日:11月02日、立川シネシティ(立川) □監督・原案:スサンネ・ビア□脚本・原案:アナス・トー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。