映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編

2008年 フランス
原題:MESRINE: L'ENNEMI PUBLIC N°1
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
出演:ヴァンサン・カッセル、リュディヴィーヌ・サニエ、
   マチュー・アマルリック、オリヴィエ・グルメ他

2009年11月21日 新宿武蔵野館 SCREEN3

評価額 1300円

Part1が、そこそこ面白かったので、これも観た。

ヴァンサン・カッセルとマチュー・アマルリックのコンビは
かなり良かった。さすがに、Part1から観ていることもあり後半はちょっと
長く感じたけど、キャスティングがPart1より好きなので、こちらの方が
少し好印象。

オリヴィエ・グルメは、ダルデンヌ兄弟の作品ではああいう感じなのに、
この映画では妙にカッコ良いなあ。そのオリヴィエ・グルメが演じる
ブルサール警視の回想録なんていう本もあるらしい。


[ 2009/11/22 14:06 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。