映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しあわせな孤独

2002年 デンマーク
原題:ELSKER DIG FOR EVIGT
英題:OPEN HEARTS
監督・原案:スザンネ・ビア
脚本:アナス・トーマス・イェンセン
出演:ソニア・リクター、マッツ・ミケルセン他

評価額 1,600円

ラース・フォン・トリアーら提唱のドグマ95手法の映画。
これは功を奏していると思った。ストーリーはメロドラマ展開だし、
主人公が、交通事故の被害者となってしまった恋人を不自然な程
あっさり放置してしまうところとか、いろいろと違和感はあるの
だけど、登場人物の心情は繊細に表現できているという気がした。

べつに登場人物に感情移入はできないし、浮気する2人に至っては
不愉快ですらあるのに、不思議と入り込める映画だった。

[ 2007/11/06 00:20 ] 家で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。