映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日へのチケット

原題:TICKETS

エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ
という巨匠(扱いされている)監督たちによる、オムニバス、、
では無いけど、それぞれほぼ独立したストーリーのリレー形式の
作品。

「企画モノ」という感じで、全般に力の抜けた遊び心の豊富な
内容で、観る方もわりと気軽に楽しめたかな。ヨーロッパの
国際列車の中ってことで、それなりの旅情も感じられたし。
3つに分かれているせいもあって、まあ退屈することは無い。
3つの話が、絡み合っていたりするともっと良かったのかとも
思うけど、、

中では2番目のキアロスタミのところが良かったかな。オチも、
前向きなんだけど安易じゃないというほど良い感じで。
登場人物の個性は強烈だけど、それが嫌味なほど強調されて
いるわけでもなく、、
ケン・ローチは、相変わらず、移民の描き方などは偽善的でなく、
展開もなかなか面白い。最後のオチが意外と言えば意外。
これが良いとか悪いとか言うこともないけど、スッキリしすぎて
逆に肩透かしを食らったような気分だった。
[ 2006/11/05 16:30 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。