映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

厄介な男…からっぽな世界の生き方

2006年 ノルウェー
原題:DEN BRYSOMME MANNEN
英題:THE BOTHERSOME MAN
監督:イエンス・リエン
受賞:2006年 カンヌ国際映画祭 批評家週間、ACID連盟賞

2009年12月30日 シネフィル・イマジカの録画

評価 ★★★(3/5)

中年男が、別世界に入り込んでしまうという話。

全体を通じて不思議な雰囲気があるけど、「別世界」を
上手く表現できているのか、たまたまそういう雰囲気が
感じられるのかはわからない。舞台がノルウェーなので、
それも不思議な感じに拍車をかけているような気もする。

さほど退屈もしないし、それなりに想像は膨らむけど、
薄っぺらい印象はあるなあ。
[ 2009/12/30 16:33 ] 家で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。