映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】アバター

2009年 アメリカ
原題:AVATAR
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー他

2010年1月9日 ワーナーマイカルシネマズ板橋 SCREEN2

評価 ★★★(3/5)

3D字幕で鑑賞。3D表現は相変わらずというか、背景はぼかして奥に引っ込ませて
おいて、主要なものにはそれなりに前後関係をつけるなどして強調している。
金をかけても、まだまだ限界があるということか。

内容は、長い割には退屈しないけど、スリルがあまり感じられない分、後半は
少しダレたかな。映像は、なかなかきれいだし、見どころは結構あるけど
絶賛するほどでもないし、むしろ狙いすぎてて今ひとつと感じる部分も、、、
「アバター」のコンセプトとか設定は、意外とうまく生かされていたとは
おもう。

3Dなら、「観て損はない」程度には思うけど、後世に語り継がれるような
名作では決してない。

未来の設定のわりに、無線交信の音が昔ながらの感じだったり、何かの
手すりが古くさかったり、微妙な突っ込みどころがあるのは、なかなか
愛嬌があって楽しめる。
[ 2010/01/10 12:36 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。