映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】縞模様のパジャマの少年

2008年 イギリス/アメリカ
原題:THE BOY IN THE STRIPED PYJAMAS
監督・脚本:マーク・ハーマン
原作:ジョン・ボイン
出演:エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン他

2010年2月13日 レンタルDVD

評価★★★(3/5)

見始めてすぐ、台詞が英語という時点でかなり期待度が
下がった事もあり、、
前半の印象は、意外とお金がかかってそうだなというのと、
小学校の道徳の教材にでもなりそうな内容だなというもの
だった。あと、なんだか説明不足な感じ。

いわゆる「感動作」を想像していたので、終わってみれば
予想以上に見応えは感じた。

DVDに収録されている未公開シーンで、説明不足と感じていた
部分がことごとく説明されていた。べつにそこはカットしなくて
いいのにと思ったけど、、、

どうも映画としての出来は今ひとつな気がするので、原作を読んで
比較して確認してみたい。

[ 2010/02/13 15:49 ] 家で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。