映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DIG!

2組のほぼ無名だったロックバンドを7年間に渡って
追ったドキュメンタリー。オンディ・ティモナー監督。

その2組のバンドというのは、ブライアン・ジョーンズタウン・
マサカーとダンディ・ウォーホルズ。何というか、どちらも
ベタな名前だなあと思うけど、、まあそれはさておき、
どちらも音楽は結構ポップ。ちょっとしたきっかけで
大ヒットしてもおかしくなさそうな、、、
映画自体は市場に迎合するかどうかが、メジャーになるかどうか
の分かれ目、、みたいな視点に見えなくもないけど、
音楽云々というよりは、単に社会人としての振る舞い方で
結果が分かれているようにも感じた。それほど大きな妥協を
強いられているという感じでもないし、、
それでも音楽産業に対する反骨精神みたいなものには好感が
持てるんだけど。

BJMのアントン・ニューコムの強烈なキャラをはじめとして、
ほんとにドキュメンタリーなの?と思わせるようなドラマチック
な場面が多数あり、楽しめる映画。
[ 2006/04/12 00:21 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。