映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BROKEN FLOWERS(ブロークン・フラワーズ)

ビル・マーレイ演じる主人公が、自分には知らない息子が
いるという差出人不明の手紙をきっかけに、元恋人たちを
訪ねる旅をするという、コメディータッチのロードムービー。
ジム・ジャームッシュ監督。

ビル・マーレイははまり役で、全体の雰囲気も、終盤の展開も
良く、無難に楽しめた。
ロスト・イン・トランスレーションもそうだったけど、
こういうトホホなビル・マーレイに感情移入してしまうと
自分の年齢を感ぜずにはおれないなあ。実際、30歳以上の
男性にウケる映画ではないかな。

パーマネント・バケーションとかストレンジャー・ザン・パラダイスは
当時は結構なインパクトを受けた映画だったけど、今では、
コーヒー・アンド・シガレッツとか、本作みたいな方がしっくり
きてしまう...


[ 2006/04/29 23:31 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。