映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VODKA LEMON(ウォッカ・レモン)

2003年製作。ヒネル・サレーム監督。
製作国はフランス、イタリア、スイス、アルメニア。
日本では劇場未公開。シネフィル・イマジカで放映。

旧ソ連アルメニアのクルド人村の人々を、年金生活の
男やもめを中心に描いた作品。

極貧状態のようなんだけど、人々は決して暗くない。
ユーモラスなほどに楽観的。だからこそ極貧から抜け
られないのかな?そのメンタリティは『万国共通』と
思わせるところもあるけど、一方で、旧ソ連の人々と
日本人の共通点みたいなところも結構あるのかなと
思ったりもした。
どこまでリアルなのかはわからないけど。

暗さを感じないのは、映像が明るくてきれいなおかげ
でもあるかな。晴天が印象に残っているし。

映画としてはかなり気に入ったので、今後、劇場で
上映するようなことがあれば是非観に行きたいと思った。

今、同じ監督の作品を、やはりシネフィル・イマジカで
リピート放送中なので、これも観てみよう。
[ 2006/05/14 23:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。