映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ENDURING LOVE(Jの悲劇)

ロジャー・ミッシェル監督のサスペンス。

ダニエル・クレイグ主演。サマンサ・モートンも出てる。
やっぱり軽いな~、ダニエル・クレイグは。

サスペンスだけど、謎解きのおもしろさは無い。いや、観ている
最中はすこし謎解きっぽい思考にもなったけど、終わってみれば、、、

映像はきれいで、脚本も演出も細かいところはなかなか気に入ったけど、
ストーリーがちょっとなあ。それでも、総合点は結構高い気がするので、
細かい作りがなかなか良かったってことかな。
[ 2006/08/03 22:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。