映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HEAVEN(ヘヴン)

トム・ティクヴァ監督。クシュトフ・キシェロフスキーの遺稿脚本。

爆破のシーンなど、いい感じでドキドキさせられたけど、結局そこが
ハイライトだったような、、、
恋愛に至る心の動きの描写が少ないので、ジョヴァンニ・リビシ演じる
フィリッポの行動は、ちょっと唐突な感じがした。
そこがメインなだけに、全般に薄っぺらく感じてしまった。

ケイト・ブランシェット演じるフィリッパは悪人のくせに、、、みたいな
意見もあるようだけど、それは気にならなかったな。
とにかく恋愛感情が描ききれていないのが大きい。
[ 2006/08/03 22:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。