映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トランシルヴァニア

2006年 フランス
原題:TRANSYLVANIA
監督・脚本:トニー・ガトリフ
出演:アーシア・アルジェント、ビロル・ユーネル他

評価額 1,800円

トニー・ガトリフ監督が初めて女性を主役にして撮った作品。
音楽や、ロードムービーとしての要素は『愛より強い旅』等と
同様大変魅力的なのに加え、その、主人公のジンガリナという
女性に存在感(激しい)があって、ストーリーに抑揚があり
ドラマとしても見応えがあった。

この監督の映画は他に『愛より...』と『ガッジョ・ディーロ』しか
観た事が無いけど、3本の中ではこれが一番かな。他も観てみたく
なった。
[ 2007/09/15 23:32 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。