映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆれる

オダギリジョーと香川照之を見せるための映画という感じ。
「事件」が起こるまでは、まだ良いのだけど、その後は全く
冗長で、ほんと二人がなんとか持たせているという感じ。
裁判シーンも、脚本が練られてないから、めちゃくちゃ
薄っぺらで「これって何の裁判だったっけ?」と思って
しまう程。
まあ、雰囲気を楽しむ映画かな。脚本だけなら、2時間ドラマの
サスペンスで、もっと面白いのがいくらでもありそう。

カンヌに持って行ったのはスタッフの意欲かなあと思っていたけど、
こりゃ単なる宣伝効果狙いかな、、
[ 2006/08/13 16:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。