映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【映画】キック・アス

2010年 イギリス/アメリカ
原題:KICK-ASS
監督:マシュー・ヴォーン
製作:ブラッド・ピット他
脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン
出演:アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ他

2011年1月10日 シネセゾン渋谷

評価★★★★(4/5)

これは面白かった。一本調子の勧善懲悪ものかと思っていたら、違った。プロットにもちょっとひねりがあるし、ブラックユーモアもなかなか効いている。アクションシーンも、ちゃんと残忍に撮っていて迫力があってよかった。

クロエ・グレース・モレッツ演じるヒット・ガールは、かわいいけど、むしろカッコよい。その父ビッグ・ダディ役のニコラス・ケイジもかなり良い味出してる。

音楽も良かった。アクション・シーンでなかなか印象的だったケミカル・ブラザーズの曲が、なぜかサントラには入っていないみたいだけど。

 
[ 2011/01/12 21:30 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。