映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた

2006年 アメリカ
原題:WAITRESS
監督・脚本:エイドリアン・シェリー
出演:ケリー・ラッセル、エイドリアン・シェリー他

評価額 1,400円

思っていたほどベタなChick Flickではなかった。男性でも十分楽しめる。

特に序盤はかなり良いテンポではじまり、中盤からはややぐずぐず感が出て
くるけど、まあ最後まで飽きることなく楽しめる。登場人物は、みんな面白く
魅力的だけど、特にケリー・ラッセル演じる主人公ジェナの2人の同僚が良い。
終わってから知ったけど、そのうちの一人ドーンを演じているのがエイドリアン・
シェリー。こういうタイプのコメディエンヌは結構好きなので、亡くなって
しまったのは残念。

主人公のジェナは、めちゃくちゃ美人だと成り立たない役だと思うけど、その
微妙なところにケリー・ラッセルがうまくハマっている。

予告では印象的だったパイは、それほど存在感は無い。

こういうコメディは、英語がわかればもっと面白いのだろうな。
[ 2007/11/24 17:54 ] 劇場で観た映画 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

映画:ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた(シネマイクスピアリ)「泣かないで これからパイを作るから」ジェンナはパイ作りの名人だけど、横暴なダメ亭主をウェイトレス仲間に同情されている。妊娠がわかり行った先の病院で出会ったポマター先生と不倫関係に。。。
[2007/11/24 22:06] 駒吉の日記
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた
アメリカの田舎町にある小さなダイナー“ジョーのパイの店”。ここのウェイトレスのジェナはパイ作りの天才、彼女は自分のその時の気持ちを込めてオリジナル・レシピのパイを焼く。 しかし彼女の人生は甘くない。嫉妬深くて横暴な夫アールから逃れようと、同僚た...
[2007/11/25 06:18] 韓国映画好き
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた
公式サイト→コチラ アメリカで口コミでじわじわ広がったというこの映画。 なんとなくそれはわかるものの、主人公ジェナのDV超オレ様男な旦那が私的にアウト。いや、アウトを通り越して、ありえない。別世界の出来事。 んなわけで、共感度はかなり下がってしまいまし...
[2007/11/25 16:56] 観劇★感激★カンゲ記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。