映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダーウィン・アワード

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

2006年 アメリカ
原題:THE DARWIN AWARDS
監督・脚本:フィン・タイラー
出演:ジョセフ・ファインズ、ウィノナ・ライダー他

評価額 1,300円

東京ではシネセゾン渋谷の単館上映かと思いきや、なぜかワーナーマイカル
シネマズ板橋でも上映していたので、そっちへ観に行った。

予告や宣伝で強調されているような「おバカ」映画ではない。「ジャッカスと...」
云々と宣伝されているけど、ジャッカスほど過激じゃないし笑えない。そういう
場面は予告ですべて出尽くしていると思っていい。

それでも、映画としてはそこそこの出来。ウィノナ・ライダーは相変わらず
チョイ悪な感じの役をうまくやっているし。ていうか、もうこういう役しか
できなさそうな気も。

あと、エンドロールでみるまで気づかなかったけど、フェ○○○して
事故ってた女の人、ジュリアナ・マーグリーズ(ERのキャロル・ハサウェイ)
だった。
[ 2007/12/08 08:48 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。