映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イン・ザ・スープ

1992年 アメリカ
原題:IN THE SOUP
監督:アレクサンダー・ロックウェル
脚本:アレクサンダー・ロックウェル、ティム・キッセル
出演:スティーヴ・ブシェミ、シーモア・カッセル、ジェニファー・ビールス他

評価額 2,000円

一見平凡なストーリー...と思いきや、なんとこれが実話を元にしているとは。
世に言う「ハートフル・コメディ」的な内容ではあるけど、実に良く、
「寒く」なくできている。ブシェミとかシーモア・カッセルが嫌いなら
ダメだろうけど...

まあ別にモノクロじゃなくてもよい、というかむしろカラーで観たいと
思わせるシーンが多かった。そう思わせるってことはモノクロにした効果が
あったのかな?

豆知識としては、この監督とジェニファー・ビールスは元夫婦。もちろん、
ジェニファーは、あのフラッシュ・ダンスのジェニファーだけど、最近は
『Lの世界』でビアンをやっている。

[ 2007/12/10 23:09 ] 家で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。