映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラスト、コーション

2007年 中国/アメリカ
原題:色・戒
英題:LAST, CAUTION
監督:アン・リー
脚本:ワン・フイリン、ジェイムズ・シェイマス
原作:アイリーン・チャン
出演:トニー・レオン、タン・ウェイ他

評価額 1,500円

スパイものの要素もあるのだけど、ばれるばれないみたいな緊張感は
それほど無い。全体的な雰囲気が重要な映画。R-18というわりに
ベッドシーンはそれほどエロくもない。どう考えてもぼかしは無い方が
良さそう。

タン・ウェイは、インタビューとかみた限りでは、いかにもミスなんとか
って感じのお嬢さんだけど、ダサめの学生さんとか、金持ち風の奥さんの
ふりとかもうまく演じていて、なかなかよい。


[ 2008/02/11 12:44 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。