映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミスター・ロンリー

2007年 イギリス/フランス
原題:MISTER LONELY
監督:ハーモニー・コリン
脚本:ハーモニー・コリン、アヴィ・コリン
出演:ディエゴ・ルナ、サマンサ・モートン他

評価額 1,200円

予告やスチールだけで、かなり切なさとか感じられたけど、
本編にそれ以上のものは無かった。むしろディエゴ・ルナの
マイケルよりも、スコットランドの人々の方が切なさを醸し
出していたなあ。

 
[ 2008/02/10 23:18 ] 劇場で観た映画 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ミスター・ロンリー
自分探しという普遍的なテーマを扱うあたり、作風が穏やかになったハーモニー・コリン。変化よりまず彼の復活を喜びたい。他人を真似し、それをアイデンティティーとして生きる人のことをインパーソネーターと呼ぶ。物語は、マイケル・ジャクソンとマリリン・モンローとし...
ミスター・ロンリー 78点(100点満点中)08-120
二人をつなぐ あのメロディ 公式サイト 『ガンモ』のハーモニー・コリン監督による最新作。 冒頭のポケバイ場面や、数度挿入されるスカイダイビングなど、現実としては少し歪んだ情景を、浮揚感ある夢想的なものとして観客を高揚させる、映像の設計および音楽の組


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。