映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダージリン急行

2007年アメリカ
原題:THE DARJEELING LIMITED
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン
撮影:ロバート・イェーマン
出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン他

評価額 2,500円

いままでで一番「不思議ちゃん度」が低くて、リアル。映像も音楽も
ストーリーも。
列車やスーツケースをはじめ、美術はいつもどおり愛嬌があって良い。

冒頭のビル・マーレーとエイドリアン・ブロディのシーンから、思い切り
引き込まれた。

これだけ大きく期待して、その期待に応えてくれる映画というのは、そう
あるものではないな。
[ 2008/03/09 12:13 ] 劇場で観た映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。