映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェリーフィッシュ

2007年 イスラエル/フランス
原題:MEDUZOT
英題:JELLYFISH
監督:エトガー・ケレット、シーラ・ゲフェン
脚本:シーラ・ゲフェン
出演:サラ・アドラー、ニコール・レイドマン他

評価額 1,500円

3つのストーリーが並行して進む。一応、交錯する場面もあるけど、
特に関連はなさそう。

メインになっているのが、結構式場のウェイトレス(バティア)と、
彼女の前に突然海から現れた迷子の少女の話。この少女=バティア
(の幻覚?)ということを匂わせるような描写があるけど、一応
その辺りは曖昧にしてあるらしい。

思わせぶりな表現が多いところはあまり好きになれないけど、まあ
それほど印象は悪くなかった。
[ 2008/03/22 14:06 ] 劇場で観た映画 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ジェリーフィッシュ/サラ・アドラー
この映画についてはほとんど何も知らなくて、映画紹介記事でイスラエルを舞台にした群像劇風の作品でカンヌでカメラドールを受賞したという程度の情報だけで観に行ってちゃいました。最近の中東を舞台にした作品は好印象なのが多いので何気に期待してみました。 出演は...
[2008/03/23 20:58] カノンな日々
ジェリーフィッシュ
               *公式サイト 2007年/イスラエル=フランス/78分 原題:Meduzot 監督:エドガー・ケレット、シーラ・ゲフェン 出演:サラ・アドラー、ニコル・ライドマン、ゲラ・サンドラー、ノア・ノラー 不思議で、同時に奇妙でもあるふわふわ感に彩ら
[2008/03/24 00:01] la Casa del Lapiz:鉛筆庵
『ジェリーフィッシュ』
映画『ジェリーフィッシュ』を見てきました。
[2008/03/24 09:35] いつか どこかで


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。