映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スルース

2007年 アメリカ
原題:SLEUTH
監督:ケネス・ブラナー
脚本:ハロルド・ピンター
出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ

シネスイッチ銀座

評価額 1,200円

戯曲ってことで、セットや演出が舞台っぽい。最初はやたら大げさな
芝居でどうなることかと思ったけど、途中からは慣れもあってか、
それほど違和感は無くなった。とはいえ、やっぱりこれは舞台向けの
脚本かなあ。2人のやりとりがひたすら続いて、しかもさほど緊張感
がある訳でもないので、短いわりに間延びした感じがあって、ちょっと
眠っちゃった。

  
[ 2008/04/06 14:23 ] 劇場で観た映画 | TB(9) | CM(1)
TB恐縮です!
舞台で充分堪能できますね。
その分をあの豪邸の家具で補ったのかv-290
[ 2008/04/20 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

『SLEUTH スルース』
予告を見て、これは相当面白そう!と思って前々から見たかった映画。【STORY】 ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティ...
[2008/04/20 18:00] OL映画でいやし生活
スルース
ースルースーSLEUTH 2007年 アメリカ ケネス・ブラナー監督 マイケル・ケイン(アンドリュー・ワイク)ジュード・ロウ(マイロ・ティンドル) 【解説】 1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞
[2008/04/20 18:38] マダムようの映画日記
スルース
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞スルース/SLEUTH 2007年/アメリカ/89分 監督: ケネス・ブラナー 出演: マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 公...
[2008/04/20 21:11] 映画三昧、活字中毒
「スルース」
「Sleuth 」2007 「リトル・ボイス/1998」「愛の落日/2002」のマイケル・ケインと「マイ・ブルーベリー・ナイツ/2007」のジュード・ロウが火花を散らすサスペンス・ドラマ。 監督は「ハムレット/1996」「舞台より素敵な生活/2000」のケネス・ブラナー。 脚本はノ
スルース
舞台劇を1972年に映画化した『探偵スルース』のリメイク版です。 ジュード・ロウとマイケル・ケインの迫真の対決に魅せられました~ 郊外にある邸宅に一人の男が訪ねてきた。 その男が車で家に近付き玄関にたどり着くまでを、監視カメラの映像が切り替わりながら捕らえて...
スルース
監督 ケネス・ブラナー 出演 マイケル・ケイン ジュード・ロウ ひとりの若い男が、郊外の推理作家の屋敷を訪れる。 男はマイロ。推理作...
[2008/04/20 23:07] 力夕口グ
スルース
これもまたリメイク作品。1972年『探偵<スルース>』に出演したマイケル・ケインが別役で再登板!と、あまり話題となっていないこの映画。実際にこの映画に登場するのは、ジュード・ロウとマイケル・ケインの二人のみ。しかもアンドリューのハイテクハウスから..
スルース
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の元に、 若い俳優マイロ・ティンドル(ジュー...
[2008/04/21 15:41] 心のままに映画の風景
スルース
「スルース」それは知性と理性が勝敗を決める究極のゲーム、__お気をつけあれ!そのひと言には100通りの意味がある・・・ジュードの妖しさVSマイケル・ケインの怪しさの危うい対決! ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家アンドリュー・ワイク(マイケル・...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。