映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つぐない

2007年 イギリス
原題:ATONEMENT
監督:ジョー・ライト
脚本:クリストファー・ハンプトン
出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、
   ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ他

テアトルタイムズスクエア 2008年4月13日

評価額 1,000円

映像はきれいで、なかなか見応えはある。ストーリーは、結構ドロドロ
していた。まあ『贖罪』だからそういうところもあるのかなと予想は
していたけど。全く予想外だったのは、戦争シーン。しかも、結構力を
入れて撮ってるっぽいのだけど、こんなシーンいるか?という部分が
かなりあった。

それも含めて、なんだか全体的にとっ散らかった印象があった。
そもそも、キーラ・ナイトレイとジェームズ・マカヴォイが主役扱い
なのが違和感ありで、ブライオニーが主人公なのに、客寄せのために
いい男いい女を無理矢理主役扱いにしている感じ。この二人の位置が
なんとも中途半端。

ブライオニーは年代別に3人が演じていて、個別では良いのだけど、
つながりが悪いというか、同一人物に思えない。ルックス的には
思っていたほど違和感なくつながっていたけど、性格的なこととか
過去の体験の引きずり具合とか、バラバラな感じがした。

これ、アカデミー賞では作曲賞しかとれず、しかも脚本賞では
ノミネートすらされていない。今までアカデミー賞ってちょっと
バカにしていたけど、これがずっこけて『ノーカントリー』が多数
受賞しているあたり、意外に信用できるかも、、と思った。

   
[ 2008/04/13 23:48 ] 劇場で観た映画 | TB(5) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「つぐない」 今年度アカデミー7部門ノミネートの実力
JUGEMテーマ:映画 前評判の高さ通り、素晴らしい作品でした。 まず、すごいと思ったのはやはり音楽です。 タイプライターの音を巧みに取り入れた音楽は、この作品の“からくり”を内包すると同時に、緊迫感をも高め、観客を作品の中に引き込む不思議な強さが
[2008/04/20 15:51] ハピネス道
「つぐない」
「つぐない」、観ました。 「プライドと偏見」のジョー・ライトが再びキーラ・ナイトレイと組んだ文芸大作です。 1人の少女のついた嘘が...
[2008/04/20 16:38] クマの巣
つぐない/Atonement
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...
つぐない
ベストセラー小説を映画化した作品です。 一つの嘘によって引き裂かれてしまった愛の行方が美しい映像と音楽で綴られていました。 1935年夏。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は多感な少女で、小説を書くのが大好き。 今日は帰省してくる兄を歓迎するために戯...
つぐない
Atonement ジョー・ライト 監督 2007年 イギリス 123min CINECITTA\' CINE11 407s SRD/DTS/SRD-EX 1935年、第二次世界大戦直前のイングランド。政府官僚の娘ブラ...
[2008/04/22 17:29] lair


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。