映画の感想、覚え書き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この自由な世界で

2007年 イギリス/イタリア/ドイツ/スペイン
原題:IT'S A FREE WORLD...
監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァーティ
出演:カーストン・ウェアリング、ジュリエット・エリス他

2008年9月14日 シネアミューズ(WEST)

評価額 1,800円

今回はロンドンが舞台で、主に東欧系の移民労働者もの。
ただ、労働者たちよりも、職業紹介所をはじめるアンジーと
そのルームメイトであるローズに焦点を当てている。

例によって、重めのテーマの割には暗すぎず、テーマとか
関係なしにドラマとして観易くできている。

一部、急に時間が飛ぶところがあって、そこは勝手に想像
するか別に気にするなということだろうけど、もうちょっと
普通にわかりやすく展開させても良いような気もした。

[ 2008/09/15 08:37 ] 劇場で観た映画 | TB(6) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この自由な世界で
ケン・ローチ監督の新作が公開されて、僕は1週間ほど経過してから見に出かけた。やはりこの監督の人気は高い。平日の昼間なのに劇場はかなり混雑していた。僕は夏休み中だったからよかったもの、「皆、仕事は?」と訊きたくなるようないい大人がたくさんいた。 あ、それは..
「この自由な世界で」感想
凄く引き込まれて、後半はハラハラドキドキしながら見ました。 お金は殆どかかってなさそうな地味な映画だけれど、社会問題や人間の良識?...
「この自由な世界で」これが自由なのか
監督 ケン・ローチ「麦の穂をゆらす風」の名匠ケン・ローチの新作はやはり期待を裏切らなかった。少しあらすじ シングルマザーのアンジー(カーストン・ウェアリング)はセクハラ上司に恥をかかせた後、人材派遣会社を解雇される。そして親友のローズ(ジュリエット・エ...
[2008/09/20 18:58] ももたろうサブライ
「この自由な世界で」何をしても自由なの?
「我々は働いた。しかし動物扱いだ。」監督:ケン・ローチ出演:キルストン・ウェアリング、ジュリエット・エリス、レズワフ・ジュリック、ジョー・シフリート、コリン・コーリン製作年:2007年製作国:イギリス=イタリア=ドイツ=スペインユーロは成功した、と聞いている...
[2008/09/21 01:47] 再出発日記
この自由な世界で
■ シネ・アミューズにて鑑賞この自由な世界で/IT\'S A FREE WORLD... 2007年/イギリス、イタリア、ドイツ、スペイン/96分 監督: ケン・ローチ ...
[2008/09/21 10:42] 映画三昧、活字中毒
[cinema]この自由な世界で
原題:It\'s a Free World... 監督:ケン・ローチ 脚本:ポール・ラバティ 出演:キルストン・ウェアリング,ジュリエット・エリス,レズワフ・ジュリック,コリン・コフリン,ジョー・シフリート 公式サイト:http://www.kono-jiyu.com/ 世界の経済基盤である自由経済


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。